スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sai
 
[スポンサー広告
命に別状はありませんでした
今日も旦那ちゃんはお仕事で、帰りが夜遅い。
なので、今日の夜もアチキがチビ達をお風呂にいれていた。

21:23 先にお風呂から上がったコタが

「ママぁ~、ケータイなってるよぉ。なんかおしたら でなくなっちゃったぁ。」

と、ケータイを持ってきてくれた。

「ありがとぉ~。」

と、ア~の体を流しながらチラッと携帯の画面を見るが、「着信あり」の表示はなく、コタがいじっていて偶然鳴っちゃったか、どうせ旦那ちゃんからかなぁと思っていた。

10分後お風呂からあがり、一応さっきの電話が気になったので着信履歴を調べてみると、浦和に住んでいる弟からだった。
21:35 おぉ!珍しいとい思いながら、弟の電話にかけなおしたが、出なかったので留守電に「何だったぁ~?」と入れておいた。

その後、チビ達の着替えをさせ、歯磨きをし、さぁ寝ようというときだった。
21:50 家電がなった。
弟かなぁと思ったが、家電にかけてくるのは珍しいなぁと思い表示をみると青森の実家からだった。
電話に出ると父が

「シン(←弟)が車に撥ねられて病院に運ばれた。」

「ハァ゛~~~!!!!!」

かなりの衝撃。鼓動が早くなるのがわかる。

「自転車に乗っていて、車に撥ねられたんだと。埼玉の○○病院だそうだ。鎖骨が折れているらしいが、命は別状はないそうだ。
お父さん、すぐに行きたいったって飲んじまったからすぐ行げねぇんだぁ。明日の朝、酒抜けたら行くから。」

事故の状況を父に聞いてみるが、父も詳しいことはわからないらしい。
命に別状は無いといわれ、少し安心したが、どの程度のケガかわかんなし、救急車で運ばれるってことは…。アタマの中でいろいろ考えるがドンドン不安になるばかり。
実家のほうへは、10分ぐらい前に警察から連絡があったらしい。ということは、さっきの弟からの電話は事故直後だったんだろうか。
とりあえず、川越に住んでいる伯父伯母にお願いして、病院に行ってもらうことにしたらしいが、アチキも急いで行くことにした。

急いで旦那ちゃんに電話し、至急戻って来てと連絡した。
チビ達に事情をはなし、一応お泊りになることも考え、着替えを用意させて旦那ちゃんの帰りを待った。
アチキの動揺振りを見てか、子供達も「シン兄ちゃん、だいじょうぶかなぁ」と心配してくれている。
旦那ちゃんは、幸いにも近くにいたらしく、すぐに戻って来てくれた。

外は、土砂降りの雨。
22:30 急いで車に乗り込み、車を走らせる。
夜中に病院に向かうのって、何度行ってもいい気がしない。


こういうときにはいつも冷静な旦那ちゃん。冷めているのか、慣れしてしまっているのか…。
事故の状況から判断すると、そんなに大きなケガではないだろうとのこと。かえって、病院から「気をつけて来てください」と言われる時のほうが、重症のことが多いらしい。

23:35 夜中の高速はすいていたので、1時間くらいで病院まではたどり着いた。
眠ってしまっていた子供達を抱っこして行こうとしたが、子供達も起きて心配してくれていた。
受付に聞いて、弟がいる所に案内してもらう。
鎖骨が折れているため、手術が必要と聞いていたので、ドラマなんかでよく見るような手術室の前に通されるのかと思ったら、救急病棟の病室へ通された。
ベッドには、目の下が内出血で青くなり、少し腫れた顔の弟が横になっていた。

「あ、おねえちゃん。」

包帯をグルグル巻いているわけでもなく、意識もしっかりして、会話も出来ていたので、ほっとした。
左側から跳ねられたらしく、左の鎖骨がおれ、頬も打ったらしい。
頭にも傷が出来たようだが、CTの結果異常はなく、両手にも手当ての痕があったが、たいしたことは無さそう。
鎖骨は、手術をしないと治らない折れ方をしているらしく、手術をしなければいけないのだが、手術の日にちは決まっていないらしい。
頬の辺りも打っているが、そのあたりは耳鼻科の先生に診てもらうことになるので、明日の診療になるそうだ。

事故は、自分が通っている大学の前で起こったらしい。
シンは自転車に乗りながら、信号が青になったので進んだ。車も信号が青になったので進んだが、道は車が右折するようなかんじなため、横断中のシンに気付かず、車はそのまま走行したためシンを撥ねてしまったようだ。
シンも疲れているだろうし、早く休ませてあげたかったので、事故についてあまり詳しい話は聞かなかった。

先にきているはずの伯父伯母は、すれ違いで帰ってしまった後だった。弟は一人暮らしをしているので、手術の後とかの身の回りの世話に人が必要だが、明日の朝、実家から両親が来るということもあり、今日はとりあえずこのままで大丈夫ということだったので、看護婦さんにお任せして帰ることにした。

取りあえず、ほんとにあの程度でよかったと言うのが、正直な気持ちだ。内臓破裂とか、輸血が必要なくらいの事故を想像してしまっていたので安心した。


うちに着いたのは1:30。
今朝は、みんな遅刻ぎりぎりだった。
関連記事
Posted by sai
comment:3   trackback:0
[つぶやき
comment
>まさかさん
ありがとうございます。
いやぁ、ホントびっくりしました。交通事故は、保険が利かないんですね。知りまへんでした。
ひとまず、弟も当日よりは落ち着いてきているようです。
>Pinkoちゃん
どうもありがとうね。事故は、ホントこわいね。まさか、弟が・・・ってかんじだったよ。
子供も十分に気をつけてあげなきゃだね。
2006/06/14 06:16 | URL | edit posted by Sai♪
無事でなにより(o^_^o) でも、手術となると不安だよね。弟さん、早く良くなるといいね。
2006/06/13 12:34 | URL | edit posted by Pinko
大変だったね
大変だったね。
けど命に別状なくてよかったよかった。まずは無事の回復を祈るのみです。
それにしても交通事故だから、医療費に健康保険がきかないので、その場で結構な金額が必要になる予感…。
2006/06/13 07:24 | URL | edit posted by まさか
comment posting














 

trackback URL
http://slowspace315.blog7.fc2.com/tb.php/270-e95ae1c8
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。