スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sai
 
[スポンサー広告
培養結果




先日、アチキ慢性副鼻腔炎が発覚したときに、

先生が、「一応、鼻水検査しておくか」っちゅうことで、

培養検査をお願いしてきた

ちと汚いが、ハナジルをフ~ンっとやって、そいつを検査へ。



嫌気培養にも出すみたいだったし、副鼻腔炎ちゅうことは、

 緑膿菌

 ブドウ球菌

あたりが出てくんだろうと思っていた



そして、今日、経過を見せに病院へ行く日だったので、

結果も聞いてきた。

( ̄ω ̄;) ひょ~~

Pseudomonas aeruginosa は、おりませんでしたよ
Streptococcus pneumonie って、肺炎球菌が主ですがな
しかも、ペニシリン感受性のいいやつ(PSSP)と、
悪いやつ(PISP)がおりまして、
更にインフルエンザ菌もワッサリおりましてぇ、
今回の副鼻腔炎は厄介だったっちゅうことらしいです


先生が最初に処方してくれていたのは、
ニューキノロン系のクラビット
そのせいか、数日で鼻の通りはよくなりました
完治したわけではなく、まだ左側だけ緑っぱなが出るので、
もう暫く飲み続けにゃぁならんらしい。


( ̄~ ̄;)ウーン・・・
今回、アチキからは緑膿菌は検出されなかったけど、
そういや、学生のときに初めて緑膿菌を見て、
「うぉ~、ホントに緑っぱなの色だぁ~と、
えらく感動したことを思い出してしまった

かれこれ、●年前ですか…
(;´∀`)

関連記事
Posted by sai
comment:0   trackback:0
[つぶやき
comment
comment posting














 

trackback URL
http://slowspace315.blog7.fc2.com/tb.php/373-bf8dbece
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。