スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by sai
 
[スポンサー広告
いいこってどんなこ?
いいこってどんなこ? いいこってどんなこ?
ジーン モデシット、ロビン スポワート 他 (1994/11)
冨山房
この商品の詳細を見る


もっと早く、この本に出会いたかった。


自分が疲れてしまっている時、イライラしている時、
子供に対して理不尽に怒ってしまったり、
あたってしまったりすることがあります。

あ~、またヤッテシマッタ。
ごめんね。あんなに言う必要なかったよね。
あれは、アーちゃん、コタちゃんのせいじゃないんだよね。
悪気はなかったんだもんね…
言い過ぎた。


と自己嫌悪に陥ります。

だから、子供が寝るときには、少しでもイヤな気持ちで寝ないように、
いつも「大好きだよ」と言ってオヤスミをしていました。
でも、ある日、娘がベッドに入りオヤスミをする時に

「あ~ちゃんは、ダメな子かなぁ。
いつもママに怒られるし、言われたことが出来ないし、
いいこじゃないよね。」

と、涙をポロポロ流して言ったんです。
すごくショックを受けました。

実はこの日も、夜、必要以上に怒ってしまったんです。
自分の怒り方に対して反省させられました。
子供を責め過ぎていました。
叱るではないんです。私のは怒るだったんです。
わかってはいたけれども、
やり場の無い怒りでついつい言いすぎてしまっていました。
これは、いけない!!!と思い、
急いで、届いたばかりのこの本を読んで聞かせました。
そして、私も娘も泣きました。

「アーちゃんが、悪いことしてしまっても、怒っていても、
泣いていても、イライラしていても、
素敵なことしても、笑っていても、悲しんでいても、
いつでも、何処でも、どんなことをしても、大好きだよ!!!」と伝え、
その日は涙のまま2人で眠りにつきました。




子供にというよりは、イライラしてすぐに怒ってしまう私みたいな
母親向きな本なのかな。
怒ってしまいそうな時は、この本のことを思い出すようにしています。





「産まれて来てくれて、ありがとう」
関連記事
Posted by sai
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://slowspace315.blog7.fc2.com/tb.php/69-f956a4c6
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。